サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 13巻 もんぷち

今日も夜這いシリーズの感想になります☆

他のも色々読んでるんですけど、とりあえずこの作品をいけるとこまで読みたいのです。。。!

サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 13巻 あらすじ

 

美人だが他人にきつく見られ、他人が近寄りがたいOL“向坂 椎”は、自身の住まいのアパートで夜毎女の子をとっかえひっかえしている、イケメンな年下の隣人“宇佐美 涼太”に、あまりいい印象を持っていなかった。ところが涼太が部屋を間違え、夜這いをかけられそうになったことをきっかけに、二人の仲が急接近。

単なる隣人の枠を超え、椎の仕事にも絡むことになった涼太と様々なトラブルを経て、お互いの気持ちを再確認し身も心も結ばれることに。 ラブラブな二人だったが、椎の部屋の隣に、椎の大学時代の元彼(一色 周)が引っ越してくる。一時は誰もが羨む社長だった周だが、今は部下の裏切りにより一文無し。

 

何を考えているのかわからない、軽佻浮薄な周だったが、椎にはまだまだ未練がありそうで…?涼太と椎の仲は大丈夫なの?

サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 13巻 読んでみた感想!

 

今回は周さんのターン!!!になっております。

周さん、会社の人にだまされて文無し扱いになっておりますが、実は…お金持ってるんじゃないの?社長じゃなくなったって嘘じゃないんですかー?な前回の終わりでしたが。

仕事の謎は残しつつ、今回は周さんの椎への本気度が伺える回となっております…!

ってか何でこの二人別れたのよ、周さん未練タラタラじゃないいですかー。

うーん、今回の話でも周の本心はよくわからず。。。

 

相変わらず仕事に打ち込む椎は、涼太との恋人同士の時間と、仕事の両立でオーバーワーク気味・・・・

仕事から帰って、美味しい料理を作ってくれるイケメンシェフなんて羨ましくてしかたありませんがね!心の声!

 

今回のエロスはキッチンでの~~だけど次回に続く感じですねー。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ