サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 16巻 もんぷち

今日は連続での更新です☆

今夜も前回に引き続き夜這いシリーズの感想になりますっ。

 

サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 16巻 あらすじ

美人だが他人にきつく見られ、他人が近寄りがたいOL“向坂 椎”は、自身の住まいのアパートで夜毎女の子をとっかえひっかえしている、イケメンな年下の隣人“宇佐美 涼太”に、あまりいい印象を持っていなかった。ところが涼太が部屋を間違え、夜這いをかけられそうになったことをきっかけに、二人の仲が急接近。

単なる隣人の枠を超え、椎の仕事にも絡むことになった涼太と様々なトラブルを経て、お互いの気持ちを再確認し身も心も結ばれることに。 ラブラブな二人だったが、椎の部屋の隣に、椎の大学時代の元彼(一色 周)が引っ越してくる。

元彼でありながらも椎にアプローチをかけてくる周に二人は翻弄されっぱなし。そんな時仕事が立て込み、倒れた椎に対し涼太は献身的な看病をするが、なぜだか椎に手を出そうとはせず。。。

体調が元に戻ったあとも、襲ってこない涼太にアレコレ手を尽くして襲わせようとする椎。涼太の思惑はいったい?

サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 16巻 読んでみた感想!

 

アッレー!!?前回のラストだと明らかに、看病かーらのー、火照った体のエロス☆的な展開が来ると思って居たんですけどおおお!!体ふいて終わりかよ!何たる健全!

仕事もストレスを抱えながらも、何とか自分のプロジェクトを進め、後の悩みは涼太との仲だけ…

年上の余裕で甘えてみたり、色仕掛けをしたりするも全くうまくいかない椎ちゃん…

しかもドジっこ故に失敗ばっかの椎ちゃん…(カワイイネ)

 

ということで☆今回は全くエロスがない回になりますよ☆☆

 

まあ、恋人設定なのに毎回エロスがあっても仕方ないよね…

ただーし!ラストは本性を現した涼太が出てきますっ!!皆様、次回こそはしょっぱなエロスがありそうですよ(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ