サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 5巻 もんぷち

本日も引き続きまして、夜這いシリーズ?の第5巻感想になりますー。

サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 5巻 あらすじ

美人だが他人にきつく見られてしまう“向坂 椎”は、自身の住まいのアパートで夜毎女の子をとっかえひっかえしている、イケメンな隣人“宇佐美 涼太”に、あまりいい印象を持っていなかった。ところが涼太が部屋を間違え、夜這いをかけられそうになったことをきっかけに、二人の仲が急接近。

そんな涼太がプライベートだけでなく、椎の仕事である“イケメンシェフたちの食品開発”に一緒に関わることになり、椎の和食チームと、今話題のイケメン洋食シェフ涼太と仕事上のライバル“望月 愛”のペアチームと対立してプロジェクトを進めることに。

仕事として割り切る椎だったが、朝出勤前、涼太の部屋にライバルである望月 愛の姿が…。まさかの朝帰り?

涼太はやっぱりナンパな軽い男なんだろうか…?椎とペアを組む和食チームの花板“滝沢”との仲も何だか気になってきて…。

サイテー!間違えて夜這いなんて…ありえない! 5巻 読んでみた感想。

 

なんかもうあらすじを書くのが一番大変です、なぜなら毎話で色んな事が起こり過ぎてあらすじがうまく書けないからです(笑)

今回も少女漫画的展開の始まりですー…やっぱりあのライバル女腹黒いキャラだったなあ…。

涼太の家の前で、朝帰りとうそをつくライバル女、望月愛。若くて可愛くて頭脳明晰、仕事も出来る…仕事漫画に出てくるお決まりのキャラですね!そして涼太と愛がデキていると勘違いする椎。

涼太に失恋したことを忘れるように仕事に打ち込むも、元気のない椎に気を使って料理を振る舞い、椎をずっと見ていたという滝沢…そしてセクロス直前に流れ込み―…

 

もーあれじゃん、男女が2:2なら必ずカップルになっちゃう法則ジャン

てか滝沢カッコイイじゃん!椎もそいつにしとけよ、な!?

 

って感じなのですが、涼太が忘れられず、滝沢と一線までは超えられなかった椎…

あんな直前で止めるなんて滝沢優しすぎるだろ(本編を見ればわかります☆)

今回は仕事上のトラブルも起こり、それを二人で乗り越え、ますます仲が深まる椎と涼太。そして自分をかばってくれた涼太への気持ちはやはり恋心と自覚する椎。

次回くらいにはようやくくっつくのかなー?でもライバルの愛も何かしかけてきそうだなー。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ