淫獣ハーレム 5巻~愛と憎悪、淫らな調教館 パプリカ紳士

淫獣ハーレム 5巻~愛と憎悪、淫らな調教館 あらすじ

遺産の相続権を巡り、兄弟たちから地下室に監禁された雫。突然の監禁に戸惑うものの、食事や健康管理に気を使われるなど、人間らしい扱いではないものの(ペット扱い)、兄弟たちの優しい一面にも触れる。ある日、昼食を用意すると4男の有人(あると)が地下室に訪れるが、彼の与える食事は補助食品のみ。簡素な有人の食事に、雫は外に出してくれたら手料理を振る舞うことを申し出る。雫に対して有人が出した条件とは―?

淫獣ハーレム 5巻~愛と憎悪、淫らな調教館  読んでみた感想

 

ミュージシャン系不思議ちゃんとのエロスー!!な今回の展開です!

今回は4男の有人くんと、もどかしいようなソフトタッチの芸術家エロスです(わかりにくい)ご飯を作る代わりに地下室から出してほしいと懇願する雫。流石に裸で調理は出来ないと、衣服を求めるも有人くんが用意した服は…

 

ってかそれ服じゃなくねえええええ!?

むしろ水着の方が露出少ないわ。っていうエロエロ服。っていうかひもに近い形状(ネタバレ)

いや雫タンもそこで納得するなよ!?これどう考えてもふくじゃないんじゃんね!?(もはや突っ込みに近い)しかしながら雫の乳首はまたえろい…

 

エッチ中も何だか思うところがある有人くん。有人くんも昔はピアノをひいたり、音楽活動をしていた様子。しかし何だかわけあり?過去のことを消し去るように、乱暴に雫を抱く有人くん…いったい何があったんでしょう?この謎はまた後日明かされるんでしょうかね?

 

有人とのエッチ後、二男と三男が帰ってくるものの、なんだか怒鳴りあい険悪な雰囲気。どうやら女性問題で口論しているものの、単なる喧嘩ではなく過去には女性問題での因縁がありそう。

そしてそれは5人兄弟全員に言えることのよう。。。最早エロより展開が気になる今作品。また次も買っちゃいますー!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ