淫獣ハーレム 4巻~愛と憎悪、淫らな調教館 パプリカ紳士

最近フジテレビ月9のドラマが再び注目の様ですが、やっぱり主人公逆ハーレムものって昔から人気があるんですねえ…。イケメンたちに癒されたい女の子が今も昔も多いのでしょうか(笑)

前回に引き続き、今回も淫獣ハーレムの感想なんですが!これもクールな医者長男から、フェロモン次男、やんちゃな三男、不思議系四男、気弱で優しい五男など。

様々なタイプの兄弟たちがかわるがわる、めくるめくエロスの日々を過ごし、主人公の女の子にとっては逆ハーレム…でもないか。調教だし無理やりだし!

淫獣ハーレム 4巻~愛と憎悪、淫らな調教館 あらすじ

父親の遺産問題を巡り、地下室に監禁された雫。五男の蒼太と一緒に逃げ出そうとするも、二男の飛駕に見つかり連れ戻されてしまう。オシオキとして地下室に監禁されたまま、飛駕に犯される雫。意識を失い、目覚めるとそこには今まで手を出さずに、高見の見物をしていた長男:明が現れて…

淫獣ハーレム 4巻~愛と憎悪、淫らな調教館 読んでみた感想

逆ハーレム状態のいろんなイケメンうふふの作品化と思いきや、前回から一昔前の過激なメロドラマみたいな展開になってきました。

二男の飛駕に道具を使われちゃったり、平等に分けようと思っても、遺産を皆独り占めしたいので誰か選べなんて無茶なこと言われちゃったり…(私だったらどう考えても、一番優しくて手を出してこないマトモな五男:蒼太くんを選ぶと思います…←心の声)

今回は兄弟の中で一番鬼畜っぽい☆医者の長男:明くんも出てきます。

次男たち3人が雫をレイプする中、一切手を出さなかった長男が…なぜか雫をいたぶりながら、養父について語りだす。養父と雫母の再婚にすら何か疑りが彼にはあるよう。まだまだ謎はありそうなんだけど、そのちくびを弄る手…必要か!?ツッコミ

明くんは今回もいじるだけいじって、手は出さず…彼が雫を抱く日はいつくるんでしょう…次回にまた期待です!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ