紀元前1万年のオタ ながしま超助

紀元前一万年のオタ 第一話 あらすじ

 

彼女にオタクだからと言う理由で振られた専門学校生の小田(オタ)失恋の失意の中、町を歩いているうちに紀元前一万年にタイムスリップ!!

都会の町中から一転、気が付いたらジャングルの真ん中にいるオタ。そこで彼は逃げ惑う美女(マリダ)と出会い、他部族の野蛮な男に襲われながらも喘いでいる姿の彼女と、そんな男を容赦なく殺す別の美女を目にする。サーベルタイガーに襲われ、けがを負い、死にかけるオタであったが、死ぬ前に一度セックスしたい…と願うオタは、夜の森で彷徨っていたマリダを襲い、歴史上初めてセックスで×××を…してしまう!

その後襲ったはずのマリダにテクニックを気に入られ、獲物として村に連れて行かれるオタ。この後のオタの運命は!?

 

紀元前一万年のオタ 第一話を読んでみた感想

 

コミなびのメンズランキングで上位だったので、とりあえず興味本位で1、2話だけ。主人公がタイムスリップして、原始時代の美女とムフフな展開…って感じの話なんですけど。

とりあえず,

 

「くだらねえ…」(どこに需要があるんだ…!)

 

エロいところは確かにエロいんだけど、18禁の要素もあるんだけど、どっちかというとギャグですね。これを…読んで興奮するんか?なんか興奮する前に笑っちゃいそうな気がするんですけど!このぶっ飛び具合は、エロとしてよりも単純に次の展開が気になって買ってしまう!この漫画のオチはどうなるのと読者を引き込んでしまい、漫画としてはうまく出来ていると思います。ほめ言葉ですよ。

色んなエロがある日本文化ですけど、フェチとしても原始エロってあんまり聞かないですよね。原始っぽいといえば、やることはもう一緒なんですけど、セックスを“ズプズプ”って表現したり、言葉がオタと原始時代の人たちで通じなかったり、結構登場人物が性に開放的だったり、おぉー実際見たことないけど、原始時代っぽい(笑)

 

今まで紹介したような興奮するエロ…ではないですが、続きが気になる…!って意味では絶対お勧めですので、とりあえず2話くらいまで読んでみてください。多分、自分は…買っちゃいますので(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ