絶愛†皇帝~ドレイ姫に悪魔のキス~ うさ銀太郎

9-202512-c400

絶愛†皇帝~ドレイ姫に悪魔のキス~ あらすじ

身寄りもなく、見た目も平凡、おまけに貧乏だった普通の女の子“ありあ”が、突如、超セレブ学園の“女王”に!?しかもその学校は単なるお金持ちが集まるだけではなく、女王を筆頭とした生徒間同士の身分を決めた王国制度まで!従順な生徒達の上に君臨する女王として生活がある一方、学園には反抗勢力の“帝国”という存在もあって…。深夜いきなり私に襲いかかってきたこの人は誰!?“女王”って一体なんなの?学園の秘密とは…。

 

絶愛†皇帝~ドレイ姫に悪魔のキス~ 読んでみた感想

表紙やサンプルを見た限りでは、とても可愛らしい絵柄とフリル一杯の少女マンガ風といった印象の作品なので『ティーンズラブといっても、エロっていうより軽く読めそうだな』と思っておりました。

平凡な女の子のシンデレラストーリーに加えて、騎士(ナイト)風の優しい白イケメンと俺様系キング!の強引な黒イケメンに迫られて…といったようなオーソドックスなストーリーではあるので、絵柄とあいまって少女マンガ雑誌の中でも、りぼんとか少女コミックではなくて夢見る花とゆめ系ってとこですかね。

ところがどっこい、エロがすごい。何がすごいって言葉攻めとか主人公の今の描写が、すごく具体的!(今どんなキスしてるとか、どういう状態になっているとか)ティーンズラブにありがちな点描とかお花かいて、なんとなくエロいことをして興奮しているのが伝わるとかではなく、じっくり読むことで主人公の体験に自分が一体化しているような気持ち…要は自分もちょっと興奮しちゃうような…。第一印象とは違って、サクッと読むのはもったいないと思いました。むしろそーいうシーンこそじっくり読んでください(笑)

あとは純粋にストーリーも今後の展開が面白そうです。ナイトの白イケメンも今後鬼畜展開と裏がありそうな…これぞまさに王道!ストーリーとエロが両方楽しんでいけそうな作品だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ