HER ヤマシタトモコ おすすめの漫画です

image4-246x200

HER ヤマシタトモコ

繋がってたり繋がってなかったり、色んな彼女達の短編集。

全てのお話にいえるのですが、ヤマシタさんの描く女の子達は何故こんなにも生命力溢れてるんだろうかと思います。

この短編集に出てくる女の子も、タイプ的には皆んなそれぞれ全然違うのだけれどどの子もとても魅力的です。

女子の表面的ではなく裏側の心情までしっかりと描かれているのでただ単に『可愛いね』の一言で済まされる女性達ばかりでもないけれど、とても惹かれる。大人の女性のお話を描かれていても、ああ、この人は少女だったんだなぁというこれまでのそのキャラクターの生き方、生き様が見える描き方をされるから素晴らしいなと思います。

『HER』は『このマンガがすごい!2011』に選ばれていただけあって、本当にどのお話も秀逸なんですが、1番好きなのは3話目の女子高生こずえちゃんのお話。
高校という狭くも強い世界の中で『フツー』に囚われて生きてるこずえちゃんも、『人類にあまねくふりかかる呪い』についてお隣に住むレズビアンの武山さんも、なんて愛おしい女性なのか。恐らくこずえちゃんと武山さんの間の年齢であろう私はふらふらと考えるのです。

きっと、武山さんの言う『16歳の自分が大切なものをドブに捨ててきたことに気づく』頃なんだろうけど、その通りだとも思うし、それがハッキリと何かだなんてまだ分からなかったりします。

武山さん白髪?ぽいけどおいくつか不明なんで…分からないけど、武山さん位の年齢になって、一軒家に住める位だから写真家としてそれなりにキャリアもありそうで、とても美人の女子高生にも有名な位のモデルさん捕まえる位になったらそれも分かるのかしら…なんて。とりあえず武山さんかっこいいです…。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ